3.介護福祉分野の講演(講師)事業                       



介護福祉分野の講演(講師)


・社内の福利厚生の中で、介護福祉分野のお話は如何ですか。
       

・最近、テレビやラジオをつけると「介護」「認知症」等をテーマにした番組が、
 沢山、放送されています。
 まさしく、超高齢化社会の表れでしょうか。
 私の身の周りでも、定年退職・病気・介護・看とり等に、直面して、
 自分自身やそのご家族が、その現実を受け入れられないという現象を、
 拝見する機会が増えています。   
 だからこそ、事前に情報を取り入れて、こころの準備が必要です。
・弊社の講演により、将来の「課題の整理」や「人生計画」の機会を作りませんか。


                          

 
・講演による効果とは

1.従業員のみなさまに、親の家族の「老化」・「老い」そして「介護」を、
  正しく認識し、受け留めて、仕事に専念できる環境に誘引致します。
2.定年後の新しい人生の道標を表します。
3.自分自身の将来を見つめて、「仕事」「生活」等今するべきことを、
  考える切っ掛けを作ります。

・講演実施までの行程について

1.依頼主様の所に、直接お伺い致します。
 @日時や会場
 A時間帯
 B聴講者のご様子(人数・年齢層・思考層等)         
 Cテーマや議題
(介護福祉分野以外でも、家庭問題、生き甲斐づくり、
  こころのお話等、対応できる内  容もあります。お気軽に申し付け下さい。)
 Dご意向
 E配布資料 等などを、ご納得戴けるまで検討して参ります。
 (講演の計画書と見積書をご提示致します)

2.配布資料について、前日までに原稿を御社様にお渡し致しまして、
  複写等の印刷をお願いする場合もあります。
  尚、弊社にお任せ頂ける場合は、一枚20円×枚数×人数分で、承ります。

3.当日、講演開始1時間前に会場に伺います。
  (スライドや音声の調整をさせて頂きます)
 *プロジェクターと60インチのスクリーンを弊社でご用意させて頂く場合、
  税込み2,000円  追加料金をお願い致します。
4.講演開始


・講義内容のサンプル

       

 (誰が迎える老いに備えて)    (備えあれば憂いなし未来地図ノートで)  (歳を重ねることの意味と備え)