創作童話
「ケロッちぃーのお餅」 絵&お話:湊屋かば吉

ケロッちぃは、ずっと、

病気のお母さんを看病しながら、

暮らしておりました。

何一つ愚痴を言わず、

ケロ子お母さんんと、慎ましく、

仲良く暮らしておりました
毎年、ケロケロ村の仕来たりでは、

村はずれのクリスマスツリーに、

神様に捧げるプレゼントを25日の夜までに

持っていくコトになっております。
クリスマスの朝、
蛙のケロッちぃーとネズミのぽん太は、
村のクリスマスツリーの下で、

プレゼントを神様にお上げしに参りました。
すると、不思議なことに、温かな春のような

空気が漂い

アゲハ蝶が、周りを飛び回りました。
すると、今度は天から雲に

乗った神様が降りてきて言いました。

「親孝行なケロッちぃー、君にひとつ

プレゼントをあげるよ。何か欲しいものはあるのかな?」

「神様、もうすぐお正月だね

僕のお母さん、お餅が大好きなので、

沢山、お餅を食べさせて上げたいな!」

神様は深くうなずいて、雲に乗って何処かへ行ってしまいました。
クリスマスも無事終わり、

今年も残すところあと3日です。

ケロッちぃー親子は毎年のように

杵と臼を用意して、お餅を搗き始めました。

ひと臼を搗き終えると、摩訶不思議なことに、

また、蒸したもち米が臼から出てきます。何度も何度も、

ケロッちぃー達は12臼つき上げました。

ああ、神様が僕のお願いを聞いてくれたんだ。
搗きたてのお餅は、とても、とても、美味しいです。

思わず笑顔がこぼれます。

お餅好きのケロッちぃー達は、

お餅をひと臼も食べてしまいました。

すると、お母さんも元気になりました。
次の日も、また次の日も3臼、

お母さんのケロ子と、
ぺろぺろプルルン〜と食べてしまいました。
あと、3臼残っているそうだ!池のお魚君達にも、
上げようと思いました。

パク,パク美味しいな!

お魚君達も大喜びです。
その日もケロッちぃー親子で

2臼を平らげ、金魚君達でひと臼を平らげ

お正月用のもうお餅が残っていません。
ケロッちぃは、また、杵と臼を出して、
ぺったん、ぽったんお餅を搗き始めました.

今度は大きな臼で、沢山、沢山、作れます
ぺったん、ぽん、ぺったん、ぽん…

威勢のよい音と美味しいお餅の香りが致します。
美味しいお餅のうわさは、

池の魚達にも知れ渡り、
雨の日は、
池のお魚が笑顔餅を買いに

来るようになりました。

余りに美味しいお餅なので
ケロッちぃー親子は、その年の節分の日から、

お餅屋を始めました。
勿論、屋号は「笑顔餅屋」ですよ。

おしまい〜♪

*私は起業させて頂いた頃(12年前)から、童話の創作に、興味を持ちました。

 そして、未熟ながら、創作活動を致しております。

 子供の頃から、母親から聞かせてもらった「民話」や「童話」、

 そして、NHK教育ラジ放送番組の「おはなし 出てこい」が、大好きで、

 いつか自分も、お話を作ったり、聞かせたりしたいと、夢を抱いて参りました。

 お話を通じて、人のこころを温めたり、癒したりする魅力に興味を持ちました。

 一年前から、手にした「樹脂粘土」で、童話のイラストを作ってみました。

 昨年から私の講演・講座等で、披露させて頂いております。  (ペンネーム 湊屋かば吉)